トップメニュー
イベント情報
収蔵品案内
ふれあいシネマ
体験案内
テネシーワルツ
ラジオ百面相
写真
ライブカメラ
リンク集
その他

携帯でも情報が見れます
Last modify/最終更新
2011/09/27
copyright by
TOTAL/THIS PAGE
/


口和郷土資料館(応援サイト)収蔵品案内

最新情報機器の原形で技術的に価値のある蓄音機をはじめ、開発初期の録音機や真空管式ラジオ・真空管式白黒TV・電蓄、映写機、大型・小型の写真機や引伸機等を展示しています。
恵比寿&大黒
二階へ上がる階段では、100年以上前に作られた恵比寿様と大黒様が出迎えてくれます。元々は別々の時代、別々の空間を過ごして来た2体の像ですが、現在ここで出会いました。 出会いを大切にする口和郷土資料館の新しいシンボルです。


【蓄音機】
蓄音機
1910年(明治43年)製 蓄音機 動作します。SPレコードを聞く事が出来ます
参考:
蓄音機[wikipdia]


【アナログプレーヤー】
アナログレコード
家庭用レコードプレーヤー
参考:レコードプレーヤー[wikipedia]


【アナログレコード】
レコードは、明治時代のSPレコードを始め、歌謡曲からクラシックまで各ジャンルの懐かしい曲が充実している。EP・LPレコードも多数所蔵。
アナログレコード アナログレコード
参考:レコードSPレコード[wikipedia]


【CD】
1980年代初期のCDプレーヤーを展示

参考:コンパクトディスクCDプレーヤー[wikipedia]


【電話機】
電話機
1897年(明治29年)製 デジビル磁石式電話機 ※動作しません
参考:電話機[wikipedia]


【ラジオ】
ラジオ 真空管←真空管の色々
真空管式ラジオ ラッパ型スピーカー搭載で、ナス型真空管5本を使用した5球式
1925年(大正14年)頃製 
参考:受信機鉱石ラジオ真空管[wikipedia]


【映写機】
映写機 アーク式35ミリ映写機
1960年(昭和35年)頃まで、地元口和町の映画館で実際に使用されていました。
現在はオーバーホールされ、資料館内の「ふれあいシネマ」で、実際に昔の映画を上映することができます。
映写機[wikipedia]


【映画フィルム】
映画関連では、8ミリ・16ミリ・35ミリの映画フィルムがあり、館内の映画館で鑑賞できます。
フィルム
参考:8ミリ映画16mmフィルム35mmフィルム[wikipedia]


【写真機】
写真機
1921年(大正10年)頃製 スタジオ撮影用写真機
参考:カメラ[wikipedia]


【テープレコーダー】
オープン式テープは、中国地方や県内各地の民謡や話題・風物詩などを収録したものが多数。
テープレコーダー
1952年(昭和27年)製のテープレコーダー。オープン式テープを使用し、録音・再生をします
参考:テープレコーダー[wikipedia]


【ステレオ】
家庭用ステレオ装置を展示
ステレオ


【テレビカメラ】
テレビカメラ
スタジオ用テレビカメラ
参考:ビデオカメラ[wikipedia]


【テレビ】
テレビ
1968年(昭和33年)頃の白黒テレビ
広報しょうばら2008年7月号から
 14インチ卓上型「真空管式白黒テレビジョン受像機」です。
 この受像機は、真空管を15本使用し丈夫な金属製のケースに入れられています。
 スイッチを入れて、映像や音がでるまで30秒以上かかります。画面は球面で角が丸いのが特徴、右側の大きなダイヤルを回して選局(12チャンネルまで)します。
 17インチの大型もありましたが、14インチが標準型として普及、後に脚付きやコンソール型なども発売されています。当時の放送時間は、1日数時間程度でした。
 この受像機は修復しており、完全に動作します。現在の高度情報化時代の原型をぜひ体験してください。
参考:テレビ受像機[wikipedia]


【ビデオデッキ】
各種方式のビデオテープ、ビデオディスクも豊富に所蔵しており、これらは全て試聴や鑑賞が可能です。

参考:ビデオテープレコーダ[wikipedia]


【生活・農具・生産用品】
江戸時代から口和の生活を伝える貴重な生活民具などの資料を多数展示しています。
この郷土資料館に収納されているものは、古くから用いられていた貴重な民具、生産用具をはじめ出土品など、郷土の人々の善意により提供されたものです。
古民具 古民具 古民具
参考:民具[wikipedia]


【化石】 口和町内の水田で発見された1,500万年前の鯨や貝の化石、遺跡からの壷・かめや、須恵器・土師器等の出土品を展示
マキガイ化石
口和町内から出土した二枚貝等の化石
マキガイ化石
口和町内から出土した巻貝等の化石
クジラ化石
口和町の石谷から出土した鯨の下顎骨
参考:化石[wikipedia]


【写真・舟運】
写真:町内の史跡や、茅葺き民家の写真を多数展示。昭和50年頃迄に撮影されたものです。
古い写真 古い写真

舟運:当時物資輸送の動脈であった西城川の舟運を、庄原市より三次市迄詳細に描いた、約15mにもおよぶ長尺の絵や、舟運関連の資料も展示してあります。
西城川
クリックすると拡大します。(1828ドット×144ドット)横スクロールしてください。


館内MAP(セキュリティ面の配慮のため解像度を落としてあります)
館内map
topへ